【新刊2024-05-17】水野仁輔 システムカレー学

書籍
書籍

● 書籍名
水野仁輔 システムカレー学

● 著者または編集
水野 仁輔

● 出版社
NHK出版

● 発売日
2024-05-17

● 誰向け
一般向け

● キーワード
欧風カレー,和風カレー,インド,ネパール,タイ,スリランカ,レシピ,その他

● 書籍の特徴およびPR
もうレシピは要らない。全てのカレーはイメージ通りにデザインできる。

おいしいカレーにはワケがあると聞けば、多くの人が、秘密を知りたい、レシピを教えてほしいと思うはず。
しかし、カレーの総合力を25年にわたって磨き続けた著者が紹介するのは、出来上がりのゴールイメージを具体的に持ち、そのゴールに向かうために何をするのかを考え抜いた「システムカレー学」。これに則れば、自分好みのカレーを自由自在に生み出すことができる。著者は言う。「おいしいカレーにはワケがある。確かにその通りだ。でもその“ワケ”は探して見つけるものではなく、理解して活用するものなのだ。」
味・香り・色・形・テクスチャ―を自由自在にコントロールし、思い通りのカレーを作るのに必要なのはレシピではない。システムカレー学だ!

目次:
はじめに
システムカレー全体概念図

Chapter 1 ゴールデンルール
ゴールデンルールによる基本のチキンカレー
ゴールデンルールによる解明
インド風チキンカレー/ネパール風チキンカレー/スリランカ風チキンカレー/タイ風チキンカレー/中華風チキンカレー/和風チキンカレー/欧風チキンカレー

Chapter 2 ゴールデンルール&アレンジ
各ステップのアレンジ幅
基本のチキンカレー七変化

Chapter 3 カルチャー&サイエンス
システムカレーで考えるシェフのレシピ
北インド編/南インド編/ネパール編/スリランカ編/タイ編/欧風編/中華編/日本編

Chapter 4 クリエイション
ゴールイメージを持つとは?
カレーをデザインするとは?
加熱の狙いについて
チキンカレー11変化

あとがき

著者について
カレーの人。AIR SPICE代表。1974年・静岡県生まれ。5歳の時に地元・浜松市にあったインドカレー専門店『ボンベイ』の味に出会う。以来、高校卒業まで通いつめた。大学進学で上京してカレー魂に火が付き、インド料理店で経験を積む。基本的なテクニックを習得して以降は、独学でカレーを研究し続ける。1999年、出張料理集団『東京カリ~番長』を結成し、カレー専門の出張料理人として全国各地で活動を開始。『カレーの法則』『カレーの教科書』(ともにNHK出版)をはじめ、カレーに関する著書は70冊以上。世界のカレーやスパイス料理をを求めて旅するフィールドワークを通じて「カレーとはなにか?」を探求。「カレーの学校」を主宰し、レシピつきスパイスセットを定期頒布するサービス「AIR SPICE」を運営中。

登録情報
出版社 ‏ : ‎ NHK出版 (2024/5/17)
発売日 ‏ : ‎ 2024/5/17
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本 ‏ : ‎ 160ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4140333308
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4140333303
寸法 ‏ : ‎ 18.8 x 1.8 x 26.3 cm

● 書籍の詳細ページ

水野仁輔 システムカレー学
もうレシピは要らない。全てのカレーはイメージ通りにデザインできる。 おいしいカレーにはワケがあると聞けば、多くの人が、秘密を知りたい、レシピを教えてほしいと思うはず。 しかし、カレーの総合力を25年にわたって磨き続けた著者が紹介するのは、出来上がりのゴールイメージを具体的に持ち、そのゴールに向かうために何をするのかを考...

● お問い合わせ先

水野仁輔 システムカレー学
もうレシピは要らない。全てのカレーはイメージ通りにデザインできる。 おいしいカレーにはワケがあると聞けば、多くの人が、秘密を知りたい、レシピを教えてほしいと思うはず。 しかし、カレーの総合力を25年にわたって磨き続けた著者が紹介するのは、出来上がりのゴールイメージを具体的に持ち、そのゴールに向かうために何をするのかを考...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました