【新メニュー】東京|十勝ハーブ牛 MONMOM|「カレー味の内臓2021」を8月24日より提供開始、「神田カレーグランプリ2021」イベント参加も決定!

東京
東京

● メニュー名
十勝ハーブ牛 カレー味の内臓2021

● 発売日
2021-08-24

● メニューの期間
期間未定または定番決定

●エリア
東京

●店舗名
十勝ハーブ牛 MONMOM

● 店舗住所
東京都千代田区神田神保町3-3-2  ジェイズタワー1・2F

● 誰向け
一般向け

● キーワード
スパイスカレー

● メニューの特徴およびPR
〈6種類の十勝ハーブ牛ホルモンの旨みを堪能〉
具材の主役には、様々な旨みと食感が楽しめる、十勝ハーブ牛の6種類の内臓部位を使用。従来メニューで使用していたショウチョウ、ハツ、センマイ、ギアラに加えて、新作メニューではミノ、テッポウが新たに加わりました。健康に配慮し飼養された十勝ハーブ牛の内臓部位は臭みが少なく、さらに食べやすくなるよう時間をかけて下処理を施し、酒と香味野菜で柔らかくなるまで煮込んでいます

〈カウンター越しの鉄板で仕上げるシズル感〉
調理の仕上げを鉄板で行う点も本メニューの特徴です。柔らかく煮込んだ内臓部位、カレールーの順に鉄板で炒め、よく馴染んできた後に秘伝のカレーソースを合わせて軽く煮詰めていきます。鉄板はカウンター席前にあるため、メニューを待つ間も炒める様子を、音やスパイシーな香りとともにお楽みいただけます。

〈噛めば噛むほど旨みがしみ出る、楽しいドライカレー〉
盛り付けは、丸く平らによそったご飯の上に、鉄板で炒めた“カレー味の内臓”を乗せたインパクトのあるスタイルです。刻んだパクチーと赤玉ねぎを散らして香りと彩りを添えているほか、パプリカとカイエンヌペッパーをブレンドした自家製の辛口パプリカパウダーを振りかけることで、前作以上にスパイシー度がアップ。カレールーのベースとなっているコリアンダーやクミンなど8種類のスパイス、自家製ガラムマサラの風味、玉ねぎの甘み、トマトの酸味が調和した味わいが、噛むほどにしみ出る十勝ハーブ牛ホルモンの旨みをさらに引き立ててり、食べていてクセになるドライカレーとなっています。辛さは、お好みで付け合わせの辛口パプリカパウダーで調節していただけます。ランチのほかディナーでも提供しているため、お仕事帰りの一杯のおつまみとしてもオススメです。

〈「神田カレーグランプリ2021」イベント参加も決定!〉
当店は「神田カレーグランプリ2021」(主催:神田カレー街活性化委員会)が実施する「神田カレー街食べ歩きスタンプラリー2021」(21年9月1日~22年1月15日)に、昨年に引き続き、本メニューで参加いたします。今回の新作メニューの提供、本イベントへの参加を通じて、ホルモン焼肉の愛好家のほか、カレー愛好家の皆さまに対して、十勝ハーブ牛ホルモンのおいしさを広く訴求してまいります。

● メニューの詳細ページ

https://nobels.co.jp/nobelsfood/news/581/

● お問い合わせ先
十勝ハーブ牛 MONMOM(電話)
03-6261-2766

ノベルズグループ 広報室(Eメール)
pr@nobelsgroup.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました